看護師さんの婚活

看護師さんは、婚活ではとても人気がある職業です。
男性も不安定な時代なので、自分の奥さんに働いてもらいたいという気持ちが強いのかもしれません。
この場合、家事を奥さんにすべてやってもらいたいという男性では困ります。
看護師さんのだんなさんは、家事を手伝うというより、しっかりと分担する覚悟がある人が理想です。
看護師さんは激務で、家事とお仕事の両立はたいへんです。
子供ができれば、もっと時間がなくなります。
睡眠時間が短く、疲労が溜まっていく看護師さんも多いのです。
男性がナースさんとの結婚を考えているのなら、料理や洗濯を積極的にやっていくことが夫婦円満の秘訣です。
なので、あまり激務のだんなさんよりも、早く帰ってくれる職業のだんなさんのほうが生活はしやすいでしょうね。


健診業務に携わる看護師

街角で、レントゲン車や健診車を見かけたことはありませんか?
健診施設の社員だけでは手が足らない場合は、採血をしたり、血圧を測ったりするための看護師を募ることがあります。
その他にも身体測定をしたり、数値を記入したり、仕事内容としては幅広くなります。
企業での健診となると、1日だけなど単発でバイトをすることもでき、また健診は、病院など具合が悪くなった人ではなく、健康な人を相手にする仕事なので、急変したら・・・などという心配もいらないため、人気が高くなっています。

企業側も工夫している職場環境

近頃はオフィスのレイアウトの段階で、従業員が働きやすい環境を整える企業が増えています。
具体的な例をあげれば、音です。
従来までは音は人間の集中を妨げるものと言われてきましたが、最近では無音すぎるとかえって人間の神経は過敏に反応してしまう事が分かってきました。
なので、最適な職場環境を作り出すために、人工的に人間が心地よいと感じるレベルの音が残るように工夫されるケースも少なくありません。
また会議室や普段のデスクワーク周辺では、それぞれの用途に合わせて照明器具を変えることで、作業効率が落ちないよう工夫されています。
それ以外にも人間は機能性ばかりを追求すると自然界のものや、仕事とは関係のないものに触れたくなる傾向があるので、適度に観葉植物を置いたり、オフィス内部に庭園を設けてたりしている企業も存在します。
職場環境を見ればその企業が従業員に対してどの程度気を配っているかの目安もつくので、就職や転職を機に、複数の企業のオフィスを見て回る機会があれば、これらの要素を確認してみるのも一つの手です。