企業側も工夫している職場環境

近頃はオフィスのレイアウトの段階で、従業員が働きやすい環境を整える企業が増えています。
具体的な例をあげれば、音です。
従来までは音は人間の集中を妨げるものと言われてきましたが、最近では無音すぎるとかえって人間の神経は過敏に反応してしまう事が分かってきました。
なので、最適な職場環境を作り出すために、人工的に人間が心地よいと感じるレベルの音が残るように工夫されるケースも少なくありません。
また会議室や普段のデスクワーク周辺では、それぞれの用途に合わせて照明器具を変えることで、作業効率が落ちないよう工夫されています。
それ以外にも人間は機能性ばかりを追求すると自然界のものや、仕事とは関係のないものに触れたくなる傾向があるので、適度に観葉植物を置いたり、オフィス内部に庭園を設けてたりしている企業も存在します。
職場環境を見ればその企業が従業員に対してどの程度気を配っているかの目安もつくので、就職や転職を機に、複数の企業のオフィスを見て回る機会があれば、これらの要素を確認してみるのも一つの手です。